FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/2 マドリッド到着!

ターンテーブルから荷物が出てきたのは、ちょうど8時くらいでした。今回は送迎を頼まず、タクシーを利用します。タクシー乗り場には係員の人がいて、どのタクシーに乗るか誘導してくれたので安心でした。30分くらいでマドリッドのホテル、「NHコレクション パセオ・デル・プラド」に到着です。請求されたタクシー代は、35ユーロでした。うーん、実は、バラハス空港からマドリッド市内までのタクシー代は30ユーロ定額なんですね。私は事前に調べて知っていたのですが、年が変わるタイミングで値上げしたかもしれないと思って、そのまま払ってしまいました。帰国して調べたところ、30ユーロ定額のままのようなので、5ユーロぼられたのだと思います。初っぱなからやられてしまいました(苦笑) イタリアでは1度もなかったのですが、今回のスペインでは、この後も何度かタクシーでぼられたかな?と感じることがありました。でも、法外な値段ではなく、せいぜい数ユーロです(もちろん、何十ユーロも高ければ戦います!)。こちらの勘違いで正当な料金のこともあるだろうし、もめて時間と体力を無駄にするほうが損かもしれないし、チップをはずんだと思って割り切ることにしました。送迎を頼んだと思えば、5ユーロ高いくらいは許容範囲です。それに、Aちゃんはタクシー命なので、2人で割れば1~3ユーロの余分な出費より、私ができるだけ地下鉄に乗ろうとする方が悲しそうでした(笑) あ、もちろん、ほとんどのタクシーは正当な料金だったし、親切でしたよ!

さて、今回のホテル、「NHコレクション パセオ・デル・プラド」の紹介を。名前の通り、プラド美術館からすぐの4つ星ホテルです。マドリッドの主な目的は美術館めぐりで、次のバルセロナにはレンフェで移動する予定なので、初めはアトーチャ駅とソフィア王妃センターに近い「パセオ・デル・アルテ」というホテルを予約していました。しかし、近いとはいえ、パセオ・デル・アルテから駅までスーツケースを転がすにはちょっと大変かなあと考え直して、タクシーに乗っても乗車拒否されない程度の距離があって、プラド美術館に近い「パセオ・デル・プラド」に変更したのでした。スペインではメジャーなNH Hotelsの系列なのに、このホテルは日本ではあまり知られていないような気がします。1泊朝食別で1人7500円とリーズナブル、しかもバスタブのある部屋が少ないみたいなのに、ダメ元でリクエストしたら、バスタブ付の部屋にしてくれてハッピーでした。

DSC01209.jpg
一番安い部屋でしたが、思ったより広かったです。

DSC01208.jpg
何故か、こんな大きな鏡が…。はめ込みでなく、立てかけてあるのです。ちょっとだけ不気味でした。

DSC01153.jpg
とってもうれしかったバスタブ。お湯もたっぷり出ました。

DSC01152.jpg
アメニティも充実していて、コンディショナーやボディクリームまでありました。スリッパがなかったのだけが残念ですが、部屋にネスプレッソがあって、無料で使えるのはすごいと思います。私たちは忙しすぎ&朝食がすばらしすぎて、せっかくのマシンを1度も使えなかったのが心残りです。そして、そのすばらしいパセオ・デル・プラドの朝食については、くわしく語りたいので、ページを分けますね♪




スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。