1/3 トレドには貸し切りタクシーで

朝ごはんをいっぱい食べて、いよいよ観光スタートです。


1月3日の予定
9:00 貸し切りタクシーでトレドへ
10:00 トレド着 カテドラルとサント・トメ教会
12:50 トレド発
14:00 王宮
15:00 プラド美術館(途中カフェで休憩)
19:00 ホテルへ




トレドには日本人タクシーで行ったよ!の巻

まず、タイトルに「え?」と思った方が多いでしょう。トレドにはレンフェで33分、バスでも1時間15分、交通の便が大変よく、半日観光ならオプショナルツアーもいっぱいあります。なのに何故わざわざタクシーなのか。その理由は厳しすぎるスケジュールです(泣) 当初の計画では、マドリッドに3泊して、次の日の午前中にバルセロナに移動するつもりでした。でも、組んでいるうちにバルセロナの旅程がきつくなり、マドリッド2泊の夕方発に変更したのです。そして、トレドには1/3午後のオプショナルツアーで行くつもりだったのですが、バルセロナ行きのAVAが14時発と16時発では倍以上料金が違ったので、さらに出発が前倒しに…。ソフィア王妃センターが1/3は休みだったため、1/4にプラド美術館とソフィアの両方に行くつもりだったのに、14時発では難しくなりました(プラドには3~4時間取っておきたいため)。そうすると、1/3にプラド・王宮・トレドになりますが、10時の開館と同時にプラドに入ったとしても見終わったら最低でも1時になります。それから王宮に移動して…と考えると、午後のオプショナルツアーの集合時間には間に合いません。プラドは閉館時間が遅いので、トレド→王宮→プラドの順番がベストだったのです。でも、オプショナルツアーはすべて午後発でした…。そこで、所要時間の短いレンフェで行こうとしましたが、調べてみると、トレド駅は旧市街から遠いこと、展望台にはタクシーか1時間に1本のソコトレンという観光バスで行くようになることなどがわかりました。ギリギリのスケジュールで、ちゃんと展望台まで行けるか自信がありません。一番最初の観光ということで、安全策をとったのでした。以上、長い言い訳終わり!

今回お願いしたのは、マドリッドを拠点に送迎サービスをしている、「日本人タクシー」の及川さんという方です。サイトはこちら。トレド送迎には4つのプランがあるのですが、私たちは、半日フリープランを選びました。往復送迎付で、展望台で撮影タイムの後、2時間45分のフリータイムがあります。料金は2人で175ユーロ。オプショナルツアーは1人60ユーロくらいなので、カテドラルとサント・トメ教会の入場料が別に必要とはいえ、びっくりするほど高い訳ではありません。4人まで同料金なので、人数が多ければオプショナルツアーよりお得かも。私たちは2人だったので少し割高ですが、こちらが指定した時間にホテルまで迎えに来てくれて、帰りは好きな場所(王宮)で降ろしてもらえたので、時間的にはすごく節約できました。

という訳で、9時ちょっと前に降りていくと、もう及川さんが迎えに来てくれていました。とても話しやすい方で、1時間ほどの道中、スペインのことをいろいろ教えてもらったり、世間話をしたりしながら、楽しく過ごせました。運転も丁寧なので、安心して乗っていられます。

DSC01154.jpg
最初に、旧市街の対岸にある展望台に着きました。タホ川を隔てて、旧市街の全景を眺めることができます。及川さんがトレドの街についていろいろ解説してくれました。

DSC01155.jpg
薄曇りですが、美しい街です。自分たちもいっぱい写真を撮りましたが、及川さんがトレドの街をバックに私たちの写真をたくさん撮ってくれました。個人旅行だと2人で写っている写真は少ないのでうれしいです。しかも及川さんは写真を撮るのが上手で、実物より何割か美人に撮ってくださいました(笑)

DSC01157.jpg
川面までは結構高さがあります。

DSC01163.jpg
真ん中に見える塔がカテドラルです。ゆっくり眺めを楽しんでから、旧市街のほうへ向かいました。エスカレーター近くの駐車場に車を停め、駐車場専用エレベーターで上がれば、エスカレーターの終点とほぼ同じ地点に出ます。

DSC01168.jpg
エレベーターを出たところに並んでいた、カラフルなスプーンのオブジェ。及川さんによると、トレドは2016年に「スペインガストロノミー首都」に選ばれていたそうで、その名残らしいです。(スペインでは毎年、1都市がガストロノミー首都に選ばれ、食に関したイベントが開かれるのだとか。)

DSC01196.jpg
歩いて数分で、ソコドベール広場に到着です。帰りはここで待ち合わせになります。これで解散かと思ったら、今日はカテドラルまで一緒にきてくださるそう! ラッキーです。

DSC01169.jpg
ソコドベール広場にはキリスト生誕の場面を表した人形が飾られていました。スペイン版プレゼピオですね。スペインでは「ベレン」というそうです。











スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)