1/5 ピカソ美術館とバル巡りツアー

王様のパレードで大混雑の巻

ピカソ美術館の前までタクシーは乗り入れできないみたいで、少し離れたところで停まりました。運転手さんが道を教えてくれましたが、スペイン語なので半分くらいしかわかりません。少し迷いながら、5時10分くらいに美術館に到着しました。途中、ピカソ美術館のバウチャーはおいとくべきだったかと後悔しかけましたが、予約していたのは16時半だったので、どのみち無効でしたね(ほっ)。切符を買う人の列はこの時間でも結構長くて、ようやく入場できたのは、17時45分でした。

18時45分にはホテルに戻ってないと行けないので、さくさく見ます。この美術館でAちゃんが一番見たかったのは、ピカソがベラスケスの「ラス・メニーナス」をモチーフにして描いたという連作です。ガイドブックには、モノクロでベラスケスの「ラス・メニーナス」とほぼ同じ構図の絵が紹介されていますが、カラフルな色使いのものや、ある登場人物をクローズアップしたものなど、何十枚も展示されていておもしろかったです。ピカソが描くと、足蹴にされている犬もかわいい♪ 他には、「科学と慈愛」「初聖体拝受」など、ピカソの少年時代の、言われなければ全然ピカソとわからない写実的な作品も興味深かったです。ミュージアムショップでお土産も買って、16:25にはピカソ美術館を出るという強行軍でしたが、結構満足できました。

あとは18:45の待ち合わせまでにホテルのロビーに着けばいいので「余裕〜」と思っていたら、ライエタナ通りがすごい人で、向かい側に渡ることができません! もしかしてこれって、チェックインした時にホテルの人が一生懸命説明してくれた、パレードを待つ人たち!? こんな大勢の人が見に来るようなパレードだとは、思ってもいませんでした。ここを渡らなければ、ホテルに帰れません。大ピンチです!

…ふと、目の前に、地下鉄ジャウマ・プリメ駅の表示があることに気がつきました。もしかして、地下鉄の構内を横切れば、向こう側に行ける!?  階段を降りると、改札で、外国人観光客が無料で通してくれるように交渉していました。ビンゴ! その観光客はもちろんダメと言われていましたが、私たちはタルヘタ・ディエスを持っているので、ここを通れるなら1回分くらい惜しくありません。こうして、どうにかライエタナ通りを横切ることに成功して、Kさんとの待ち合わせ時間に、ギリギリ間に合ったのです〜〜! Kさんにも地下鉄駅を通ることが唯一の方法だったと言われて、思いついた自分にちょっと拍手したくなりました(笑)

今回のバル巡りツアーは、私たちの他にカップルが2組で6人です。いろいろなバル巡りのツアーがありますが、私たちが参加したのは、PSMという会社が催行している「3つのタパスBAR巡りとサグラダ・ファミリアの夜景ツアー」です。旧市街散策と、3軒のバルでそれぞれタパス一皿とドリンクを1杯ずつ、さらにサグラダ・ファミリアの夜景も見られるという盛りだくさんなツアーです。しかもホテルへの送迎付で、VELTRAのオプショナルツアーの中でも高い満足度を誇っています。私ももう1度参加したいと思うくらい気に入ったツアーなので、とても楽しみにしていました。

DSC01318.jpg
さて、前回と同じようにまずは旧市街を歩くと思っていたら、今回はパレード見物からスタートです。こんな風に、カラフルなコスチュームに身を包んだ人が、いろいろなパフォーマンスをしながら通り過ぎて行きます。ホテルの人は王様のパレードだと教えてくれましたが、正確には3人の王様のパレードで、王様とはレジェス・マゴス(東方の三賢人)のことだそうです。1月6日のエピファニア(公現祭)の前夜祭で、海から船に乗ってやってくる王様たちをお迎えするパレードなのでした。イエス・キリストに贈り物を携えてやってきた東方の三賢人になぞらえ、子どもたちは今夜クリスマスのプレゼントをもらうそうです。子どもたちが自分の欲しいものを手紙に書いて、このパレードの時にレジェス・マゴスの使いに渡すと、欲しいものがもらえるのだとか。また、クライマックスには飴をたくさんまくそうで、それを拾うことができたら、幸せになれるとKさんが教えてくれました。

DSCN0327.jpg
すごい人です。多分、王様の1人が乗った山車です。でも、飴はまだまかないようです。

DSC01320.jpg
飴待ちで、ちょっと旧市街の方へ。カテドラルと王の広場を見ました。王の広場のライトアップはきれいです。Kさんの一押しだそうです。

DSC01326.jpg
ついに飴をまき始めました! まくというより、巨大送風機みたいなマシンで、飴が次々と発射されている感じです。

IMG_2296.jpg
これがその飴です。私は4つ拾いました! みんな数個ずつ拾えて、いい記念になりました。ミント味かと思わせる地味な包装紙ですが、子ども向けのお祭りらしく、食べてみるとフルーツ味でしたよ。

DSC01327.jpg
飴を拾うというミッションをクリアしたので、ポルト・ベイに向かって歩きます。この写真は、何と中央郵便局です。何とゴージャスな天井でしょう! 真ん中はステンドグラスだそうで、昼間みたらさらに美しいと思います。

DSC01329.jpg
続いて、サンタ・マリア・ダル・マル教会にも行きました。前回はカテドラルに入場しましたが、今回はこの教会の中に入りました。

DSC01330.jpg
Aちゃんは、サンタ・マリア・ダル・マル教会のこの天井が古くさくて好みじゃないと言ってましたが、私はゴシックな感じが好きです。去年、昼間に美しいバラ窓も見ているので、余計にそう思うのかもしれませんが。この後は、いよいよ1軒目のバルに入ります。



スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)