元旦!(ヴェネチア3日目①)

ヴェネチア3日目、そして今日はフィレンツェへの移動日です。


1月1日の予定
10:00 ホテルをチェックアウト 荷物を預けてサン・ザッカリア教会?
11:15 フェニーチェ劇場でニューイヤーコンサート
13:15 コンサート終了
13:30 カフェ・フローリアンで昼食(昨日行けなかったサン・マルコ寺院に変更)
15:55 イタロでフィレンツェへ
18:00 フィレンツェ着
18:10 ホテル着



ヴェネチアであけましておめでとうの巻

カウントダウンをしても、やっぱり朝のほうが「あけましておめでとう」という感じがしますね。そして、昨夜もあんまり眠れませんでした…。また2時間おきくらいに目が覚めて、6時くらいには寝るのを諦めてしまいました。疲れているはずなのにおかしいなあ。でも、寝てないわりに身体は元気です。ドーパミンがいっぱい出ているのでしょうか。
朝ご飯をいっぱい食べ、予定より早めにチェックアウトすることに。今日の最初のミッションは、チェックアウトと荷物(スーツケース)を預かってもらう、です。人様の旅行記とかにはよく「荷物を出発まで預かってもらって〜」と書いてあるし、日本でなら自分も頼んだことがあります。でも、どう言えば通じるのか、本当にこのホテルでも預かってくれるのか、不安はがいっぱいです。

結局、イタリア語はあきらめて、英語で通すことにしました。「ぼぉんじょるの〜」だけイタリア語です。
「I'd like to check out.(チェックアウトをお願いします。)」
「Could you keep my baggage?(私の荷物を預かってもらえますか。)」
「I'll be back around three p.m.(3時くらいに帰ってきます。)」
この3つでOKでした。今朝のフロント係の人は愛想がよくて、荷物も「もちろん!」と笑顔で引き受けてくれました。ただ、宿泊税を払う時、最初「20ユーロ」と言ったのは冗談だったのか、本気だったのか? チェックインの時に1人1泊4ユーロ(つまり2泊で16ユーロ)と聞いていたので、私が「え?」と言ったら、すぐ笑って「15.2ユーロ」と言い直しましたが。今度は、最初聞いていたより安くなっている…。謎は深まります(笑)
荷物の引き替え証などはくれなかったので、ちょっと不安に思いつつも、ホテルを出ました。

サルーテ教会
昨日にもまして、とってもいい天気です。青空に映えて、サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会が美しい! あそこにも、行きたかったなあ。あと元旦なので、ヴァポレットの運行状況を確認。2番の切符売り場は開いているし、ヴァポレットも動いているようなので安心しました。これで、駅には行けそうです。さて、元旦も休みとは書いてなかった、サン・ザッカリア教会を探しますが、よくわかりません。

路地
途中で見つけたちょっと素敵なホテルの裏口(多分)。私はこんなものを見つけながら歩くのも楽しかったのですが、Aちゃんが路地には興味がないと言うし、サン・ザッカリア教会はどうしても行きたいわけではなかった(きっと開いていない)ので、サン・マルコ広場に行くことにしました。

今回、幸いなことにアクア・アルタ(水位が高くなって、ヴェネチアがあちこち浸水する現象)には合わなかったのですが、サン・マルコ広場にはかなり大きな水たまりができていました。あれ、サン・マルコ寺院の2階に人がいる!
どうやら、午前中もミサをやっていない後ろのほうには入れてくれるようです。2階も大丈夫みたいです。こんなことならまっすぐこっちに来ればよかったと思いながら、少しだけ後ろのほうを見学。でも、これで午後は確実にサン・マルコ寺院の見学ができそうです♪

サン・マルコ広場のカフェ
必然的にフローリアンに行く時間はなさそうなので、写真だけぱちり。水たまりをよけながらサン・マルコ広場を横切って、フェニーチェ劇場を目指します。

ヴェネチア3日目②に続きます。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)