持ち物あれこれ

ガイドブック

何冊も買ったのですが、持って行ったのは「地球の歩き方」のみです。情報が詳しいので、頼りになりました。でも、そのままだと持ち運ぶ時にかさばるので、表紙を外して必要なところだけの分冊を作りました。見た目をよくするために、文房具店で買ったきれいな紙(写真ではただの白い紙ですが、地模様入りです!)を表紙にして、製本テープで補強しています。変なところに手間暇かけてます(笑) 一番分厚いローマ編でも7ミリくらいの厚さになるので、ショルダーバッグに入れて持ち歩いても平気でした。
ガイドブック

スーツケース
以前使っていたのが、今の航空会社の大きさ制限にギリギリひっかかりそうだったので、新しく購入しました。最初は度々使う物じゃないし、安いのでいいやと思っていたのですが、旅程を組む中で、石畳を引っ張ることが多そうだし、軽くてキャスターが丈夫なのがいいと思い直して、サンコーの最軽量モデルにしました。これが、大正解でした! 前使っていたのと比べて、軽い! キャスターも優秀で、空港のようなフラットな床なら、力をほとんど入れなくても動かすことができました。Aちゃんが関空で私のスーツケースと自分のスーツケースを比べて、自分のがあまりに重いことに驚いて急遽買い換えましたが、それでも私の方がずっと軽く感じました。重さもそうだけど、キャスターの性能の差もあったんじゃないかな? ちなみに、大きさは76L(3.8キロ)と92L(4.2キロ)で悩んで、大きいほうを選びました。大きくてよかったのは、荷物が楽に詰められたことですが、イタロで座席の上の棚に持ち上げた時は、小さい方にすればよかったと思いました。正直、荷物は少ないほど、小さいほどいいと思います。 
スーツケース
探しやすいことを考えて赤に。結構気に入っています。ハードタイプのスーツケースを持っているのは日本人だけという話も聞きましたが、他の国の人も思っていたより使っていました。

トラベルポット
イタリアのホテルには、ほとんどポットもカップもないと聞いたので、こんなポットを持って行きました。冬だし、部屋で温かいものが飲みたくなると思って。しかし、日本のツアーが利用するホテルのためか、3つの都市のうち、ローマとフィレンツェのホテルにはポットもカップもあってびっくりしました。ローマのホテルには、それだけじゃなくて、紅茶やインスタントコーヒーまで置いてありました。結局このポットを使ったのは、ヴェネチアで1回だけ。軽いとはいえ結構かさばるので、今回持って行った中で一番後悔した物です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)