マンマ・ミーア!

フィウミチーノ空港には19時10分に到着。ホテルまでタクシーでもよかったのですが、最初の夜だし、安全策をとって、送迎車をお願いしていました。50ユーロの定額で、当日払いです。普通にタクシーに乗っても、空港からローマ市内までは48ユーロの定額制なので、ほとんど変わりません。安すぎてちょっと心配でしたが、日本語連絡先もあるし、当日払いだし、万が一来なくてもタクシーにすればいいやと思って予約しました。でも、当日払いということは、ドライバーさんに合流する前に、何としてもユーロを手に入れなければいけないのです!

幸い、私たちのスーツケースはすぐに出て来ました。欧州内乗り継ぎなので入国審査もなく、そのまま出口です。たくさんいる出迎えのボードを持った人とは意識的に目を合わせないようにして、ATMを探しました。白タクに声をかけられながら30メートルほど歩いて、インフォメーションを発見。お姉さんにATMの場所を尋ねると、お姉さんは黙って私たちがやって来た方向を指さしました。ぐ、ぐらっつぇ〜。慌てて引き返すと、出口の横にATMがあるではないですか! 出て来た時はATMに背を向ける状態だから、気がつかなかったのね…。何はともあれ、無事ユーロをゲットし、すぐにドライバーさんを見つけることができたので、それほどお待たせすることなく合流することができました。

ドライバーさん先導のもと駐車場まで歩き、車に乗り込みます。黒のワゴン車。ちゃんとホテルの名前も場所も伝わっているし、ドライバーさんも問題なさそうな感じで一安心です。
「ホテルまでどのくらい?」
「40分から1時間くらいかなあ。混んでいる時もあるからね〜」
ローマ2回目の余裕を見せて、ちょっとえらそうにいもさんに答える私。しばらくは順調に走っていましたが、だんだんスピードが落ち、車の流れが悪くなってきました。やっぱり渋滞しているのかなあと思っていると、とうとう全く動かなくなりました。
「???」
ドライバーさんも振り返って、「First time!」と一言。こんなに混んでいるのは初めてらしいです。
「Traffic accident?」
「Maybe.」
ドライバーさんがスマホでいろいろ調べてくれて、やっぱり交通事故のせいだということが判明。
「マンマ・ミーア!」
高速道路で迂回路もないし、ついにエンジンを切っちゃうドライバーさん。まわりの車も半分くらい、完全にエンジン停止状態でした。もう一度動き始めるまでに、どのくらい待ったかなあ…。再び動き出した時は、本当にほっとしました。いったん流れ始めると後はスムーズでしたが、ドライバーさんの運転がどんどんワイルドになっていったので、ちょっとひやひやしました。まあ私たちが悪いわけじゃないけど、彼が気の毒なのも確かなので、5ユーロ上乗せでお支払い。最後はちょっとだけご機嫌が直ったドライバーさんと、笑顔でお別れしました。時間を考えたら10ユーロくらい上乗せしてもよかったかな〜と思いつつ、後半の運転で相殺ということで。ホテル到着は10時すぎでした。

いろいろ大変でしたが、フィギュアスケートファンの私にとっては、秘かにいい思い出です。何故なら、ドライバーさんの生「マンマ・ミーア!」が聞けたから(笑) フィギュアスケートと何の関係があるかと言うと、羽生くんが世界最高得点を自ら更新したグランプリ・ファイナル、イタリア国営放送の動画がネットに上がっていたんですが、フリー終了後に実況の女性2人が声を合わせて、「マンマ・ミーア! ファンタスティコ!」と叫ぶのが話題になってたんですね。語尾にハートマークがついているような声が妙にツボに入ったので、私も繰り返し見てしまっていました。だから、ドライバーさんの叫んだ「マンマ・ミーア!」にも、顔がにやけてしまったのでした。そして、この実況のおかげで「ファンタスティコ」というイタリア語を覚えたので、旅行中に何度も使ってしまったうれしな私です…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)