写真撮影OK! ボルゲーゼ美術館(ローマ2日目②)

サンタンジェロ橋とボルゲーゼ美術館の巻

次のボルゲーゼ美術館の予約は15時、でも、チケット引き換えのためには、遅くとも30分前には美術館に着いている必要があります。それまでに、お昼ごはんも食べなくてはいけません。ヴァチカン周辺のお店もいくつかチェックしていましたが、すごくおいしそう!という所はなかったので、もうボルゲーゼ美術館まで行って、そこのバールで食べることにしました。そうすると少し時間があるし、別の日に行く予定だったサンタンジェロ橋まで歩いてから、タクシーに乗ることにしました。

博物館の出口からサンタンジェロ橋までは、実は歩くと結構あります。(20分くらい?) でも、別の日の予定でもサン・ピエトロ大聖堂から歩く計画だったので、増えたのは博物館からサン・ピエトロ大聖堂の分だけだから…と心の中でいもさんに謝りつつ、まずはサン・ピエトロ大聖堂を目指します。ヴァチカン博物館とサン・ピエトロ大聖堂をわざわざ別の日にしたのは、サン・ピエトロ大聖堂にも朝一番に行きたかったからです。サン・ピエトロ大聖堂は、やっぱり結構並んでいました。「サン・ピエトロ大聖堂からサンタンジェロ城に続く城壁は、教皇の秘密の通路なんだって〜」などと蘊蓄を披露して距離をごまかしつつ、サンタンジェロ橋に到着。

サンタンジェロ橋
お天気もいいし、やっぱりサンタンジェロ城とサンタンジェロ橋は絵になりますね。前回と違うのは、橋の上にあやしい物売りの人が1人もいなかったこと! テロの影響で、ヴァチカンでもローマでも、警察の車や銃をもった軍人さんの姿をよく見かけたので、そのせいでしょうか。銃を持っていてもやっぱりイタリア人、同僚とおしゃべりしたりしてのんびりした雰囲気でしたが、少なくとも軽犯罪は減ったんじゃないかな〜と思います。

ボルゲーゼ美術館
サンタンジェロ橋を渡ったところにある乗り場から、タクシーに乗ってボルゲーゼへ。この写真に写っている真ん中の扉が入口っぽく見えますが、本当の入口は半地下にあります。…忘れてて、間違えちゃいました(笑) バウチャーとチケットを引き換えて、荷物を預けるのは前と同じです。ただ、ネットで「写真撮影がOKになった」という情報が出ていたので、荷物を預ける時にカメラを見せて(語学力に自信がない)、「ここで写真を撮ってもいいいですか?」と尋ねてみました。答えは「Yes!」 半信半疑だったけど、本当でした。ボルゲーゼ美術館だけでなく、ローマの他の美術館や、フィレンツェのウフィッツィ美術館などもOKになったようです。

次は、お昼ごはんです。美術館の中にあるバールで、私はトマトとツナのパニーノ3.8ユーロとオレンジジュース4ユーロ、いもさんはハムとチーズのパニーノ3.8ユーロとアイス・カプチーノ2.4ユーロを注文しました。そうしたら、いもさんのだけ温めたのが出て来ましたよ。私は冷たいものより温かいものが好きなので、ちょっとうらやましかったです…。どの店のどのパニーノなら温めて出してもらえるのか、いつも秘かに悩んでいます。(たいてい野菜を採ろうとしてトマト入りを選ぶから、温めてもらえないのかもしれません。) そして、注文している間にテーブル席が埋まってしまい、テーブルがない椅子で食べることに。味は普通(冷たかったので厳しめ)で、量は多かったです。

1224 (28)
さあ、入場です。写真撮影可になったとは言え、カラヴァッジョは写真集を持っているので、絵画で撮ったのはティツィアーノのこれだけ。絵はやっぱりきれいに撮れないので、ポストカードとかのほうがいいですね。でも、ポストカードもない、作者も知らない絵を撮れるようになったのはうれしいです。いいなと思ったらプレートもいっしょに撮っておくと、帰ってから調べるのにすごく便利です。

1224 (31)
逆に、彫刻では、写真撮影にもえてしまいました。これは、「眠るヘルマフロディトス」、へルマフロディトスは両性具有者という意味です。ギリシャ時代の彫刻のコピーですが、それをのせているマットは、ボルゲーゼ卿がベルニーニに依頼して作らせたものだそうです。

1224 (44)
ベルニーニの「プルートとプロセルピーナ」 このアングルの写真をよく見ますが、

1224 (43)
足下にはわんこがいました。プルートは冥府の神なので、ケルベロスでしょうね。

1224 (42)
ふとももに食い込んだ指が官能的です。大理石とは思えない!

1224 (36)
同じくベルニーニの「アポロンとダフネ」

1224 (38)
違う方向から撮ると、ダフネの全身が月桂樹に変わっていこうとしているのが、さらによくわかります。

1224 (41)
足元のアップ。足の指から根がのびています。

1224 (34)
カノーヴァの「パオリーナ・ボルゲーゼの肖像」

1224 (45)
反対側から撮っても素晴らしい! だんだん、モデルさんを撮るカメラマンのような気分になってきました(笑)

モザイク
最後は、床のモザイクです。前回来た時は、ボルゲーゼが最後の最後で、モザイクを見るふりでよく休憩していたので、ついなつかしくなって。

見終わった後は、もう一度バールで休憩してから(2人ともガス入りミネラルウォーターにしました。グラスで出て来ました。)、ナヴォーナ広場に向かいます。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 単純

さっそく読んでくれてありがとう♪
そして、ガイドブック購入まで来ましたね。
ふふふ、行きましょう!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)