フレッチャアルジェントは「ひかり」か「こだま」か(ローマ3日目①)

ローマ3日目、マテーラへの移動日です。今日はクリスマス! 


12月25日の予定
8:05  トレニタリアでバーリへ
12:08 バーリから送迎車でマテーラへ
14:00 ホテル着
14:30 ガイドさんとマテーラの街歩き



ホテル・カナダの朝ごはんとフレチャアルジェントの巻

今日は、私といもさんが一番楽しみにしているマテーラへ出発する日です。このホテル・カナダをいったんチェックアウトするのですが、昨日は朝食の写真を撮る余裕がなかったので、ちょっとご紹介。ビュッフェ・スタイルで、温かい飲み物だけは、注文を聞きに来てくれます。
「Buon giorno!」
「Posso sedermi qui?(ポッソ セデールミ クイ?)」=「ここに座ってもいいですか?」
「Un cappuccino per favore.(ウン カップチーノ ペルファヴォーレ)」=「カプチーノをお願いします」
これだけ覚えておけば、朝食では全く困りません♪

ホテルカナダ朝食1
甘い物のブース。パンやケーキ類は日替わりでいろいろな種類がありました。

ホテルカナダ朝食2
チーズ、ハム、卵料理、フルーツ、野菜料理、シリアル、ヨーグルト。これも日替わりでいろいろ。野菜とフルーツの種類が多いのがうれしいです! 卵も日によって、オムレツだったり、半熟の目玉焼きだったり。別の机にジュース類もありました。

このホテルを選んだのは、3つ星とは思えない朝食の評判につられてだったのですが、大正解でした。朝食はもちろんおいしいし、部屋もクラシックでかわいいし、ホテルの人も感じがいいです。特に朝食会場にいる男性スタッフは、いつも英語でいろいろ話しかけてくれました。今日も、「メリークリスマス!」と言ってくれたので、「ぼん・なたーれ!(イタリア語のメリークリスマス)」と返したら、「イタリア語話せるの!?」と、とっても喜んでくれました。それしか覚えてなくて申し訳なかったです(笑) 「今日チェックアウトするけど、また3日後に帰ってきます」(これはもちろん片言の英語)と言ってお別れしました。ちなみにこのホテル・カナダ、Booking.comの早割(前払い・キャンセル不可)で、1人1泊1万円以下なんです。マテーラから帰ってきての2泊も、同じ価格でした。コスパ最高です。(ただ、私1人で泊まる最後の2泊は、ダブルのシングルユースで早割もなかったので、しっかり倍の値段です。1人旅はやはり厳しい…。)

朝食を食べたら、歯磨きをして、荷物を持ってチェックアウトです。宿泊税は1人1泊4ユーロ、計16ユーロを現金で支払います。…そして、スーツケースを3日間預かってくれるかドキドキしながら尋ねると、二つ返事で引き受けてもらえました。多分大丈夫とは思っていたけど、ダメだったらテルミニ駅の荷物預けまでスーツケースを転がさなくてはいけないところだったので、ほっとしました。そして、ここのやりとりは秘かにシミュレーションを重ねていたため、いもさんに「すごい!」と褒めてもらってうれしかった(笑) 誰かの役に立つかもしれないので、書いておきますね。荷物を数日預かってもらいたい時の英文。
「Would you keep our baggages for three days? We'll go back here again.」
いつか、イタリア語で言えるようになりたいです。

ボストンバッグ一つで、テルミニ駅へ。ホテルからまっすぐ行けばマルサラ通りに出るので、道は簡単です。びっくりしたのは、ホームに出るのに改札があったこと!(※イタリアの駅は、基本改札がなくてホームまで誰でも行けるのです。だから、ホームや停車中の列車でも油断禁物。) これもテロの影響でしょうか? いかにも急ごしらえの改札で、駅員さんにバウチャーを見せたらすぐ中に入れてくれました。

アルジェント
私たちの乗るフレッチャアルジェントです。イタリアの高速鉄道は、「フレッチャロッサ(赤い矢)」「フレッチャアルジェント(銀の矢)」「フレッチャビアンカ(白い矢)」の3種類があって、「フレッチャロッサ」が一番速いです。いもさんには、「日本の新幹線で例えると、『フレッチャロッサ』が『のぞみ』で、『フレッチャアルジェント』が『ひかり』 で、『フレッチャビアンカ』が『こだま』かなあ。」と説明したのですが、フレッチャシリーズは、路線によって走っている列車が違うので、適切な例えじゃないかも。フレッチャロッサは、トリノ〜ミラノ〜ローマ〜ナポリみたいな超主要路線しか走っていません。バーリに行くなら、フレッチャアルジェントが一番速いのです。
フレッチャアルジェントの切符は、トレニタリア(イタリア国鉄)のサイトで取りました。通常は4ヶ月前から予約できるのですが、12/13以降のチケットは4ヶ月前になっても予約できるようにならず、毎日トレニタリアのサイトをチェックするのが日課でした(笑) 結局予約できたのは9/24で、この辺りに12/13以降のチケットが一気に取れるようになったようです。残念ながらスーパーエコノミーは取れず、エコノミーの1等が片道61.5ユーロでした。(帰りはバーリから飛行機にしたので、片道なのです。飛行機だとバーリからローマまで1時間ですが、空港での待ち時間や空港からホテルまでの距離を考えると、どっちが楽か実験ですね。)
ともかく、これに乗ってバーリまで4時間、マテーラへはバーリから車でさらに1時間ちょっとかかります。結構な長旅です。 

アルジェントドリンク
発車が出発時刻より少し遅れたので、この列車でよかったのか不安になりましたが、ちゃんと合っていました。フレッチャアルジェントの1等は、ドリンクとお菓子のサービスがあります。ブラッドオレンジジュースとクッキーをもらいました。お菓子は、甘いのかしょっぱいのか選べます。

バール車両もあるので、早めのお昼をそこで食べるつもりでしたが、私は背もたれと頭の位置が合わなかったのか、だんだん頭が痛くなってきました。景色を見るのは楽しかったけど、頭痛のせいで食欲が…。結局、紅茶(1.5ユーロ)だけ頼んで、さっきもらったクッキーですませてしまいました。いもさんはサンドイッチとフルーツジュースを。結構おいしかったそうです。

アドリア海
それにしても4時間は長い! アドリア海が見えたときはほっとしました。ようやくバーリです。フレッチャアルジェントは、私の中で「ひかり」から「こだま」に格下げされました。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)