新市街は別世界(マテーラ1日目③)

わんこと夜の新市街と晩ごはんの巻

Sさんがマテーラの晩ごはんは8時くらいからと教えてくれたので、しばらく休憩。

入口
そうそう、まったりしている時に、ちょっとした事件がありました。この写真(違う日に撮ってます)を見てください。奥に見えているドアが、私たちの部屋です。フロントに行くエレベーターや新市街への近道に通じているのは別の入口なので、このドアはあまり使いませんでした。ただ、こちら側の雰囲気もいいので、写真を撮ったり景色を眺めたりするために、たびたびドアを開けていました。この時も何気なくドアを開けたところ、手前のスペースで、散歩中のゴールデンレトリバー3匹がたわむれていたのです。私は猫が好きですが、犬も好きなので、微笑ましい気持ちで見ていました。と、そのうちの一匹が「あ、あそこ開いてる!」と、ものすごい勢いで部屋に飛び込んできたのです! いや、わんこかわいいから、部屋を走るくらいならいいんですが。「遊んで〜〜」と、私にじゃれつくくらいならいんですが。でも、「これちょーだい!」と、私のスリッパ(ホテル備え付け)を片方くわえて走って行ったのには困りました。
すぐに飼い主らしきおじさんが、「ごめんね!」とスリッパを取り上げて返してくれましたが、スリッパは涎まみれでもう使えなくなっていました。とってもうれしそうなわんこが忘れられません。平和なマテーラで、これが一番の事件でした(笑)(可哀想な私に、いもさんがKLMでもらったスリッパをくれました! ありがとう!)

イルミ1
8時ちょっと前になったので、新市街へ出発しました。ホテルから上がってすぐの、サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会です。

イルミ2
その前の派手なツリー。このツリーで曲がればホテルに帰れるので、いい目印です。

イルミ3
確か、ヴィットリオ・ヴェネト広場だったと…。年越しイベント用のステージが設置されていました。この辺りから、どこにいたの?というくらい人が増えてきます。マテーラではクリスマスに家族でランチを外食する習慣があるらしく、昼は予約でいっぱいで、夜は閉める店が多いそうです。さっきSさんに案内してもらっている時も、「この店やってる!」と思ったら、まだランチ営業中で、夜はやってないという所ばっかりでした。Sさんが「ここなら開いている可能性が高いです」と教えてくれたいくつかのお店も、残念ながら閉まっていました。うーん、さすがクリスマス!  

夜景
新市街から見下ろす旧市街の夜景は。とてもきれいです。見晴らし台みたいなところがあって、何故かピアノがおいてありました。弾いているのは、通りすがりの人…?

サン・ヴィアンジョ
最終的に入ったのは、「San Biagio」というお店です。トリップアドバイザーで私がチェックしていた店の中で、唯一営業していました。入口にイタリア語、英語並記のメニューがあります。「予約してないのですが…」と言うと、最初は断られそうな感じでしたが、「ちょっと待てる?」とチーフみたいな人が出て来て、何とか席を作ってもらえました。(待っている間に、呼ばれたと思って、うっかり厨房についていって笑われたのは私…。)

お店はサッシを利用したつくりで、なかなかいい雰囲気です。注文したのは、フレッシュチーズの前菜(2人で分けた)と、いもさんが豆のクリーム、私がトマトソースのオレキエッテ(耳たぶパスタ)、それに白ワインを1杯ずつとミネラルウォーターです。お通しで、野菜スティックとマテーラパンが出ました。どうも私の胃が縮んだみたいで、量が食べられなくなっている予感がしたので、かなり控えめな注文です。そして、食べ始めてみると、やっぱりいつものようには食べられなくかった…(涙) それでも、前菜もプリモもおいしかったです! お通しの野菜スティックも、ボリボリ食べました。前菜は、少し甘いチーズが好み。オレキエッテはもちもちしていて、優しい味つけで、胃にも優しい感じでした。いもさんのプリモは、クリームパスタかと思ったら豆のペーストでびっくり! この辺りは豆をよく食べると聞いていましたが、こんな風にどろどろにして食べるんだ…。トーストした薄いパンがついていて、それにペーストをつけて食べるようです。いもさんは「おいしかった」と言ってました。お店の人も親切だし、胃さえ元気なら、セコンドやドルチェも食べてみたかったです。

お会計は全部で41.5ユーロ。おつりを待っている間に、さらにかりんとうみたいな細い揚げ菓子と、小さなオレンジが出てきました。おなかいっぱいなのに、つい手が出てしまう…。食べながら、「50ユーロ札を出したから、おつりが8.5ユーロ、そこからチップに5ユーロくらい置けばいいかな?」と私が算段していると、何故かおつりが10ユーロぴったりで返ってきました。…え? こ、これは、端数をまけてくれたっていうこと?? 思いがけないことに、頭の中が真っ白になりました。切りよくしてくれたということは、チップなしでもいいのだろうか、いいのよね? …うろたえたまま、チップを置かずに店を出てしまいました。(今となっても、それでよかったのか悩んでいます。誰か教えて〜〜!) 後でいもさんに、あんなに動揺した私を見たのは初めてと言われました(笑) あと、料理の写真を撮り忘れたのが残念です! 




スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)