FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに岩窟教会&カーサ・グロッタ(マテーラ2日目②)

岩窟教会2つとカーサ・グロッタの巻

マテーラは本当に楽しい! 私の職場で「マテーラに行きます!」と言っても誰も反応してくれませんでしたが、私もいもさんもちょっとした廃墟マニアなので、どんどん気分が盛り上がってきます。

大菩薩峠
ドアの向こうが気になります!

1225 (33)
渓谷の向かい側。洞窟らしき穴がいくつも見えます。旧石器時代から人々が住んでいた跡だそうです。ムルジャの高台と呼ばれていて、遠目に人の姿も見られました。展望台があって、そこまでは車で行けるので、アルベロベッロに行く前に寄る計画です。細い道を渓谷のほうへ下りている人もいて、う・ら・や・ま・し・い! 

階段
この階段、下りられないように手前には柵がありました。きっと脆くなっていて、いつ崩れてもおかしくないんでしょうが、それでも下りてみたかったです。

馬車
観光用の馬車に遭遇。馬かと思ったらロバでした。結構たくさんの人が乗っていました。

カヴェオーソ
サン・ピエトロ・カヴェオーソ教会です。ここは岩窟教会ではありませんが、きれいなデザインだと思います。この教会も、本当に崖っぷちに建っていました。Sさんによると、あまり開いてないみたいで、今日も入れませんでした。この辺りから、道は上りになっていきます。

街並み
さっき歩いてきた、渓谷沿いの道が見えます。

イドリス
マドンナ・デ・イドリス教会です。サン・ピエトロ・カヴェオーソ教会のすぐ上にあります。このげんこつみたいな岩が特徴で、遠くからでもすぐに見つけることができます。私はこのマドンナ・デ・イドリス教会が行く前から気に入っていて、教会の周りをぐるぐる回っては、いろいろな角度から眺めて楽しみました。比較的状態のいいフレスコ画が残っていたり、内部でサン・ジョバンニ・イン・モンテッローネ教会という教会と繋がっていたりして、中もわりとおもしろいのですが、やっぱり外観が一番インパクトがあります。

パンフ2
マドンナ・デ・イドリス教会とサン・ジョバンニ・イン・モンテッローネ教会、そして、その奥にあったサンタ・ルチア・アッレ・マルヴェ教会でもらった、日本語のパンフレットです。サンタ・ルチア・アッレ・マルヴェ教会は、その名前の通り聖女ルチアに捧げられた教会だそうです。聖ルチアは最後には両目を抉られるという拷問を受けて殉教したと言われ、彼女のシンボルである眼球の入った杯を持った絵がありました。…ちょっと不気味でした。あとは、一時期民家として利用されていたらしく、ブロック状にされたフレスコ画で作ったかまどがあります。この教会では、このかまどが一番の見所だと思います。

階段2
この道、素敵…。

猫
そして、猫! この写真は秘かに自信作です。私でも岩合さんになれる気がする街、マテーラ(笑)

カーサ・グロッタ入口
カヴェオーソ地区のかなり外れまで来ました。ここは、カーサ・グロッタの入口です。カーサ・グロッタというのは、簡単に言うと、サッシでの暮らしを再現したモデルハウスみたいなものです。マテーラにはいくつか同じような施設があるみたいですが、Sさんがおすすめしてくれたのがこのカーサ・グロッタでした。入場料は1人2ユーロです。希望の言語で音声ガイドを流してくれるので、日本語で解説が聞けます。

カーサ・グロッタ1
台所です。

カーサ・グロッタ2
ベッドと、赤ちゃんを寝かせるゆりかごがありました。すぐそばに、食事をするテーブルや機織りもあります。他に、もう1つベッドがある部屋がありました。

カーサ・グロッタ3
音声ガイドによると、家畜は大切な財産なので、盗まれないように奥で飼っていたとか。さらに、家畜の熱で部屋を暖める効果もあったそうです。でも、匂いはすごかったと思います。

カーサ・グロッタ4
サッシは入口付近しか窓がないので、外の光が届くように、奥へ行くほど低くなっていたそうです。一番奥のワイン蔵まで、階段(すべります!)で下りて行くことができました。真ん中にぼんやり見える人影がいもさんなので、かなり深いことがわかってもらえるでしょうか?

ここでは、おみやげも売ってました。いもさんが出る時に絵はがきを買いましたが、売店(兼チケット売り場)のお姉さんが「日本語で1,2,3は何て言うの?」と聞いてきたりして、とってもフレンドリーでした。

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

No title

マテーラ素敵ですね!*^^*私はここのこと全く知りま
せんでした。管理人様は様々な素敵な町をご存知なんです
ね!
のんびりと素敵な中世の風情の中ですごされたようですね
^^(憧)

ガイドさんを頼むなど、勉強になります。

写真もとても素敵です。一緒に旅しているような気持で拝見
いたしております。続きを楽しみにしています。

ありがとうございます!

いつもコメントありがとうございます。マテーラのことは私も全然知らなくて、他の方の旅行記を読んで、すごく行きたくなった街なんです。だから、ちょっとでもマテーラのことを知ってもらえるように、私も熱い想いをこめて書きました(笑) 杏さんに興味をもっていただけて、すごくうれしいです。また、ガイドさんを頼まなくても自力で行動できるほうがかっこいいのですが、ツアーと個人の中間くらいのゆるさを求める方には、こういうのも情報の1つかと思って書かせてもらいました。杏さんは、もうすぐバルセロナに出発でしょうか? うらやましいです〜。バルセロナで食べたタパスが忘れられない私です。どうかお気をつけて。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。