まあるいロコロトンド(イトリア谷の町めぐり①)

ロコロトンドは白くて丸いの巻

さて、マテーラからローマに戻るのには、帰りもトレニタニア(鉄道)で4時間か、アリタリア(飛行機)で1時間という選択肢がありました。トレニタリアだと13時台か18時台の二択で、13時台だとマテーラから移動してアルベロベッロを2時間弱観光するくらいの余裕しかありません。18時台だとテルミニ駅到着が22時半くらいで、ちょっと遅すぎます。飛行機だと、19時15分発でフィウチミーノ空港に20時20分に着く便があるので、空港からタクシーに乗れば21時すぎにはホテルに着けます。観光する時間も取れ、ローマ着も早い飛行機が都合がいいのですが、ネックは料金。フレッチャアルジェントの早割とアリタリアのエコノミーの早割を比べると飛行機のほうが2倍くらい高く、さらにタクシー代もかかります。うーん。普通ならトレニタリアのどちらかにするところですが、何と前回のイタリア旅行でたまったフライングブルーのマイルが、ちょうどバーリーローマ間のエコノミー2人分に必要なマイル数とぴったり同じだったのです! いつもマイルは使えずに期限切れになることが多い私なので、今回も多分無駄になると思っていたのですが、ビジネスだからもったいないとフライングブルーの入会手続きをしておいてよかった♪ マイルを使えば飛行機代は1人2230円の税金・手数料のみなので、タクシー代を考えてもトレニタリアより安い! という訳で、帰りは飛行機という選択になったのでした。

バーリ空港に19時15分ということは、18時に着いていれば大丈夫だから、17時くらいまでは観光に使えます。やはりここまで来たら、世界遺産のアルベロベッロは外せませんが、私もいもさんもマテーラと違ってそんなに思い入れがなく、トゥルッリの街並みを見られたら満足です。ならば、せっかくなので、イトリア谷と呼ばれる周辺の小さな町を回ろうということになりました。候補に挙がったのは、マルティーナ・フランカ、ロコロトンド、オストゥーニ、チステルニーノ。この中で、マルティーナ・フランカに私が行ってみたいオステリアがあったのでまず決定、残り3つはどれも「白い町」というイメージがあるので、一番移動距離が少なくて、写真で見た街の遠景が丸くてかわいかったロコロトンドを選びました。マテーラを出発して1日で3つの町を回り、ローマまで帰るなんて、専用車+ガイドさんなしでは絶対無理な日程です。

車は順調にアルベロベッロに到着し、ここで今日のガイドのKさんと合流しました。同年代くらいの、明るくて気さくな雰囲気の方だったので、あまり緊張せずにお話することができました。簡単な自己紹介をしたり、今日の予定を話しているうちに、あっという間にロコロトンドに着きました。

何と、ロコロトンドではマラソン大会が行われていました! 交通規制があり、ランナーが次々と走っていく姿が見えます。Kさんが警備の人に聞いてくれたところによると、マルティーナ・フランカーロコロトンド間を折り返して走るハーフ・マラソンだそうです。市民マラソンみたいで、目の前を走っているのはラストの方のゆっくりペースの人たちのようでした。私たちがマルティーナ・フランカに着くころ、この人たちもゴールしているくらいかな?

1227 (57)
Kさんの案内で、ロコロトンドの旧市街を歩きます。ロコロトンドは、イタリアでは希有なことに(笑)、落書きもなくゴミも落ちていない、手入れの行き届いた街として評判だそうです。窓辺や玄関、そしていくつかのお家が集まった路地にも、観葉植物や花の鉢植えが美しく飾られていました。

1227 (25)
さらに今はクリスマス期間なので、飾り付けがあちこちに。白い壁と緑に映えて、とっても華やかです。

1227 (32)
この階段と、観葉植物の組み合わせがいいですね。

1227 (41)
プランターをこんな風に手すりに載せているお宅が多かったのですが、落ちたりしないのでしょうか。

1227 (33)
この飾り、とってもかわいい♪ 街灯とよく合ってます。

1227 (37)
ここは、ロコロトンドの中心のマードレ教会です。

1227 (44)
猫〜♪ この猫ちゃんはしばらく私と遊んでくれました。Kさんは私たちについて、25日のガイドのSさんから、「猫が好き」という引き継ぎを受けていたそうで、猫と遊ぶ私の写真も連写してくれました(笑)

1227 (48)
これはぶどうの木だそうです。今は冬なので枝だけですが、葉が茂ったり実がなったりする頃は、すごく素敵だと思います!

1227 (51)
イトリア谷が見渡せる公園に連れてきてもらいました。街の一番外側です。このカーブが街の丸さを感じさせませんか?

1227 (53)
アーチ状のバットレス(?) あちこちで見かけました。

1227 (28)
ここにもバットレス。街灯がつり下げられています。
 
1227 (55)
このお家の門は、ちょっと他と違っていてゴージャスでした。お金持ちのお宅でしょうか。

40分くらいの散策を終えて、ジャンヴィトさんの車に戻りました。ロコロトンドの旧市街はとても小さいけれど、迷路みたいな細い道をあちこち歩くのは楽しかったです。次は、マルティーナ・フランカに移動します。

1227 (58)
ジャンヴィトさんが、ロコロトンドの丸さがよくわかる所で車を停めて、写真を撮らせてくれました。本当に丸くてかわいくて、きれいな町でした。





スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)