初ビジネスクラス

いよいよ搭乗です。ビジネスクラスは、優先で乗せてくれます。早く座れるし、通路で詰まることもないので、地味に楽です。熱いおしぼりが配られ、すぐにウェルカムドリンク。水、オレンジジュース、シャンパンがトレイにのっていましたが、やはりここは、シャンパンで♪
シャンパン
なみなみ!と注がれています。ビジネスクラスはけちけちしていません。すっきりしていて飲みやすいです。座席の手すりの部分が広くて、グラスが十分置けます。表面は滑り止め加工をしてあるようでした。

続いて配られたアメニティには、耳栓、アイマスク、リップクリーム、歯ブラシ、おやすみ靴下、ボールペンが入っていました。男性は黒、女性はピンク。
ポーチ
ちょっとかわいすぎるデザイン(笑)
歯ブラシはブラシの部分が日本の物よりずいぶん大きくてびっくりしました。でも、意外に磨きやすかったです。スリッパは何故か男性用のみしかなかったのですが、持ってきてなかったのでしっかりもらいました。
飛行機は無事定刻に出発。まず、どんな映画が観られるかチェックしました。最初、パーソナルモニタの場所がわからず、Aちゃんとあちこち探して、ようやくグラスを置いていた手すりの下に発見(笑) わーい、「レ・ミゼラブル」がある。これなら、字幕なしでも勝手に脳内字幕が出る♪(舞台版を何度も見ました。映画版も好き♪) あと、ちょっと観たかったディカプリオの「華麗なるギャツビー」もありました。時差に対応するため、行きの機内ではなるべく寝ないという目標を立てている私なので、なかなか楽しく過ごせそうです。

食事のメニューも配られたので、真剣に検討です。
メニュー表
ちゃんと日本語ページもあって安心。ドリンクは英語だけですが、これくらいは何とか。
洋食、和食の魚料理、和食の肉料理の三つから選べます。結局、これから先は当分和食が食べられないし、KLM航空の和食はアムステルダムのホテルオークラのシェフが考案していておいしいそうなので、和食の肉料理を選びました。
まずは前菜。
前菜
卵豆腐の蟹添え、帆立貝柱のグリルなど。飲み物は白ワインで。

メインです。
メイン・ディッシュ(和食)
大根と紫蘇の葉のソースのビーフカツ。Aちゃんはお肉にクセがあると言っていましたが、私はおいしくいただきました。

デザート。
デザート
このマカロンがめちゃおいしかったです。帰りもあれば絶対頼もうと思いました。

さらに、食後の飲み物と一緒に、オランダのチョコレートが一粒。私は、デザートワインと紅茶をお願いしました。飲み過ぎ〜! 
でも、デザートワインは、アルコール分5パーセントだったのですよ。そして、ハチミツのように甘いのに後味はさっぱりしていておいしかったのですよ! だから、帰りもまた飲むぞ〜固く決意(笑) チョコもおいしかった!

食後しばらくするとペットボトルの水が配られ、機内が暗くなりました。私は少し寝たり、あとは映画を観たりしてのんびり過ごしました。途中、フライトアテンダントさんに、「お呼びになられましたか」と声をかけられて、あたふた。どうやら、パーソナルモニタ用のリモコンに呼び出しボタンもついていて、それを押してしまったらしいです。すみません! 途中、何度もドリンクを聞いてくれたり、トレイにアイスクリームとか手巻き寿司とかフルーツとかを載せて回ってきてくれたり、ビジネスは至れり尽くせりだなあと感じました。
アイスクリーム、いただきました。
夜食のアイスクリーム
「凍ってますので、しばらく経ってからお召し上がりください」と言われましたが、本当にかちんこちんでした(笑)

また、ビジネスは本当に座席が広いです。KLMは最大170度くらいでフルフラットにはならないのですが、後ろに倒れるのではなくて前に沈み込んでいくので、どの角度にしても誰の邪魔にもならないのです。シート幅は53センチで、寝返りも打てます。腰が楽〜〜! 今、KLMはワールドビジネスクラスをリニューアル中で、新しいのは座席がフルフラットになるそうなのでもっと快適なんだろうなあ! 10度の差でも、下がっている分どうしても足はむくんだので、次はぜひフルフラットで! もうどこの予算を削っても、次もビジネスで行きたいと思いました。

「レ・ミゼラブル」を堪能した後、「ギャツビー」も観て、「ヒロインの美しさが足りない! 鮎ちゃんの美貌は輝くばかりだった!(歌はひどかったけど)」と宝塚ファンしかわからないことをAちゃんと語っている内に、到着前の食事です。これも和食にしました。焼きそばです。
到着前の食事
結構なボリュームだったのに、ペロッと食べてしまいました。食べるか飲むか寝るかのフォアグラ生活…。それにしても、KLMのオレンジジュースは最高においしかったです。濃縮還元じゃなくて、生搾りの味。

私がオレンジジュースの味に感動しているうちに、オランダ・スキポール空港に到着。定刻より少し早いくらい、着陸もとってもソフトで文句なしのフライトでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)