バルセロナで食べ歩き(バルセロナ2日目③)

バルセロナはおいしい!の巻

IMG_0542.jpg
帰りは、サグラダ・ファミリア駅から地下鉄を使います。タルヘタ・ディエスという、10回乗れる回数券を買いました。9.95ユーロで、5回乗れば元が取れるそうです。昨日乗り方をKさんに教えてもらったので、スムーズでした。

1230 (61)
カタルーニャ駅で降りて、ランブラス通りを歩きます。あ、泊まるはずだったホテル・モンテカルロです。改装工事をしているみたいでした。

1230 (60)
ホテル1898の外観。正面の入口は、ランブラス通りから少し入ったところにあります。朝ごはんを食べていないので、さすがにお腹がすいてきました。食事、ホテルへ帰って休憩、13時半くらいから旧市街へというスケジュールなので、まずは、昨日Kさんに教えてもらったチュロス屋さんに行こうと思います。ホテルのすぐ近くにある「ラ・パリャレサ」というお店で、いつも行列ができる人気店ですが、12時くらいに行くとあまり並ばずにすむとのことでした。

IMG_0546.jpg
Kさんにこの店は1人で入っても大丈夫!と言ってもらったので、勇気を出して入ってみました。お店の中はほぼ満席です。ラッキーなことに待っている人はいなくて、すぐに席に通してもらえました。2人掛けの席だったので、あまり気兼ねせずにすみました。

IMG_0543.jpg
注文したのは、チュロスとスイソ。スイソは、生クリームを山盛りにしたホットチョコレートです。

IMG_0544.jpg
これだけ掘ってもチョコレートが見えないのがすごいでしょう! チュロスは生クリームをつけて食べると、さらにおいしかったです。本当はホットチョコレートをつけて食べるそうなんですが、チョコレートは苦めなので、私は生クリームをつけて食べるほうが好みでした。ただ、ホットチョコレートと生クリームは濃厚過ぎて、半分くらいで挫折しました。飲み物というより食べ物…? チュロスは揚げたてで評判通りおいしかったので、もう1回くらい食べに来たかったです。でも、時間がなくて、これが最初で最後のチュロス体験になりました。

IMG_0547.jpg
次は甘くないものが食べたくなって、サン・ジュセップ市場へ寄りました。ここも、ホテルのすぐ近くです。

IMG_0549.jpg
いろいろなフルーツジュースを売るお店です。私は、2ユーロでマンゴーとオレンジのジュースを飲みました。フルーツで口の中がさっぱりしたので、まだまだ食べられそうです。

IMG_0550.jpg
いろいろなお店があって、とてもにぎわっています。ここは、果物屋さんで、めずらしい果物がいろいろありました。バルセロナで年越しの時に食べるというぶどうも、ちゃんと1人分から売っています。

IMG_0551.jpg
たまご屋さん。ディスプレイがかわいい。

IMG_0552.jpg
生ハムのお店。昨日食べたイベリコ・ベジョータを思い出します。

IMG_0553.jpg
そして、パエリヤのお店もありました! 立ち食いだけど、大鍋でちゃんとお米から炊いています。普通のお店だとパエリヤは2人前からの注文が多いので、今回の旅行ではパエリヤは食べられないと思っていたのですが、ここならいける! パエリヤ食べたさに、中学生くらいの男の子が注文しているのに続いて、片言の英語で突撃しました!

IMG_0554.jpg
1人前で10ユーロです。無事注文が通ると、カウンターにアルミホイルと紙ナプキンとフォークを並べてくれます。

IMG_0555.jpg
炊きあがりを待つこと少々、一人前をプラスチックの容器に盛りつけて出してくれました。トッピングにパンとポテトとししとうがついてます。お味のほうは…めっちゃおいしい〜〜〜!! 魚介のダシが出て、最高です。手をベトベトにしながら殻をむいた海老も、それだけの価値はありました。(ウェットティッシュ、持っててよかった!) 

IMG_0556.jpg
私が食べたのはシーフードパエリヤですが、目の前のイカスミのパエリヤとバレンシア風のお肉のパエリヤも、そろそろ炊きあがりそうです。ちなみにカウンターとパエリヤの間には透明な仕切りがあって、出てくる時は上のほうが開くようになっていました。大鍋のパエリヤがかなり目立つので、観光客の視線をびしばし浴びましたが、平気! バルセロナに来てから、いろいろなものが吹っ切れたような気がする私です(笑) 




スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)