お花がいっぱいカタルーニャ音楽堂(バルセロナ3日目⑤)

モンタネールはお花がお好きの巻

モンセラットとコロニア・グエルのツアーは、予定通り16時45分にスペイン広場に帰ってきて解散になりました。このあと私は18時からコンサートなので、地下鉄に乗って大急ぎでホテルまで帰ります。5分で着替えて、カタルーニャ音楽堂へは徒歩で向かいました。昨日、下見もしていたので、開演15分くらい前には無事到着。カタルーニャ音楽堂は、ガウディと同時代に活躍したリュイス・ドメネク・イ・モンタネールの最高傑作と言われ、世界遺産にも登録されています。中を見るには、ガイドツアーかコンサートかの二択しかないのですが、ガイドツアーは英語・スペイン語・カタルーニャ語しかありません。また、ガイドツアーでは写真撮影ができないという情報もあり(できるという人もいたので詳細は不明です)、せっかくなのでコンサートのチケットを取ることにしました。私がバルセロナにいる間に開催されるコンサートは、
・12/30 21:00 カルロス・ヌニェス(バル巡りツアーでいっしょだった方が行くと言っていたコンサート)
・12/31 12:00 ギタートリオ&ダンス
・12/31 18:00 シュトラウス・フェスティヴァル・オーケストラ
の3つでしたが、カルロス・ヌニェスは21時と開演が遅くて帰りが心配、逆にギタートリオは昼間すぎて他の観光の予定と合わず、消去法でオーケストラを選びました。カタルーニャ音楽堂のチケットはあまり高くなく、16ユーロくらいからあります。公式サイトからの予約だと座席指定もできるので、私は一番内装がよく見えるという2階の最前列にして、54ユーロでした。

1231 (105)
自分の席から見た2階の様子です。

1231 (101)
このステンドグラスのシャンデリアが圧巻です! 周りにはピンクと白のお花が、これでもかと言わんばかりにちりばめられています。

1231 (107i)
サイドのシャンデリアや、窓と天井の装飾もかわいいです。

1231 (100)
舞台の上部は、カタルーニャの守護聖人サン・ジョルディの彫刻で飾られていました。

1231 (107j)
舞台の壁にも、彫刻が! カタルーニャ音楽堂のコンサートは観光客が多く、ラフな服装でも大丈夫とのことでしたが、大晦日でクラシックということもあってか、結構スーツ姿の男性やドレッシーな女性が多かったです。また、地元の人たちが挨拶を交わす姿もあちこちで見かけました。私も一応着替えておいてよかったです。

演目は、ヨハン・シュトラウス2世がメインで、「ウィーン気質」「ウィーンの森の物語」「シャンペン・ポルカ」などの有名どころをはじめとして、聞き覚えのある曲が多かったです。歌ありバレエあり、途中指揮者とコンマスのコミカルなパフォーマンスもありで、言葉がわからなくても大丈夫でした。

1231 (104)
幕間には、あちこち撮影に行きました。柱のモザイクがすごいです。

1231 (107e)
2階のロビーは、こんなステンドグラスで飾られていました。

1231 (107)
このシャンデリアは、また雰囲気が違って素敵です。

1231 (107a)
1階にはバルがあって、柱の装飾がまたしてもお花でした。モンタネールの、このお花お花した世界が最高です。

1231 (107m)
最後のアンコールの時の写真です。「ラデツキー行進曲」も演奏されました。中に入ることが一番の目的でしたが、思った以上に楽しいコンサートでした。そして、やっぱり、カタルーニャ音楽堂は絶対中を見るべきだと思います!

音楽を堪能したあとは、昨日辿り着けなかった「イラティ」で晩ごはんを食べました。「イラティ」は、ピンチョスがおいしいことで有名です。めちゃ混みでしたが、カウンターに並べられたピンチョスから好きな物を取ったり、出来たてが運ばれて来た時に呼び止めてもらったりすれば大丈夫みたいです。バル巡りでKさんに連れて行ってもらったお店と同じシステムだったので、勇気を出してカヴァを注文し、何とか壁際にスペースを確保しました! 

1231 (107o)
まずは、カウンターからもらってきました、オムレツと生ハムのピンチョス。写真に撮り忘れたけど、この後取ったサーモンが一番おいしかったです。一緒に取ったチーズは強烈な味でした。1人で食べる外国人が珍しかったのか、地元のお兄さんズに話しかけられて緊張したりもしましたが、いろいろ吹っ切れた私は大丈夫です。

1231 (107p)
出来たてが運ばれてきたのでもらいました、ハモン・セラーノと魚のマリネ。お皿がだんだん汚れてきてすみません。精算を爪楊枝の数でするので、片付ける訳にはいかないのです。

1231 (107r)
最後に揚げたてのコロッケ! ピンチョス7つとカヴァ1杯で18.5ユーロでした。ピンチョスはどれでも1つ2ユーロくらいです。お腹いっぱいになって、ホテルへ帰りました。

今日は大晦日、本当ならバルセロナのカウントダウンは12時の鐘の音に合わせてぶどうを食べるのですが、もうぶどうを売っている店もなく…。1人ではさすがに、スペイン広場に花火を見に行く根性はなかったです。寝る前につけたテレビでは、いろいろな国のカウントダウンを特集していて、東京スカイツリー前の「3、2、1(日本語)」も映りました。バルセロナで、東京のカウントダウンを見ているのが妙におかしかったです。もう、日本は年が明けたんだなあ…と思いつつ、ほろ酔い気分の私は、12時を待たずにそのまま寝てしまったのでした(笑) 




スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)